記事一覧

抗生物質は飲まないで!

今日は抗生物質についてつぶやきます。

凄く大切なことですので再度つぶやきます。


薬は最後の最後で使う最終手段の代物ですが

中でも抗生物質の乱発がさまざまな病を作り出

していると言っても過言ではない・・・


みなさん、風邪を引いて病院へ行く人は抗生物質を処
方されていませんか?


何故、抗生物質を処方されるのか?


早く治るから?


念には念を入れて?


そもそも抗生物質とは何ぞや?


抗生物質とはカビや放線菌などの微生物から作られ、
他の微生物や生細胞の発育を阻害する有機物質の

こと。


殆どの風邪はウイルスが原因ですから、ウイルスに対
して全く効果のない抗生物質を風邪の時に使っても効
果はありません。


では、何故に抗生物質を同時に処方するのか?


細菌が原因の疑いがある場合や風邪の経過中に急性気
管支炎や肺炎、急性中耳炎などの発症、細菌感染の発
生が心配な場合などで予防的に抗生物質を使用してい
るようです。


しかし、この安易な使用でとんでもない事になってし
まっているのが現状なのではないのでしょうか。



とんでもない事とは!



抗生物質の投与により、耐性菌の出現や菌交代現象(
必要のない細菌を殺してしまう事により、普段はその
細菌が要るためにおとなしくしている弱い細菌が必要
以上に増えてしまう事)によるMRSA感染症などの
発生です。


MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)とは?


種々の抗生物質に効かなくなった多剤耐性の黄色ブド
ウ球菌のことです。


このMRSAによる感染症には肺炎、敗血症、腸炎
髄膜炎、胆管炎などがあります。


このMRSAによる感染症は時々、テレビのニュース
で病院で院内感染のニュースが流れる時があります。


このMRSAによる感染症を引き起こすととても厄介
な状態になります。


耐性菌の出現も問題でどんな抗生物質も効かなくなる
多剤耐性菌 になると助からない場合もあります。


このように安易に抗生物質を乱用してしまうととんで
もない事になりかねませんから、この辺の知識は自ら
が持っておくべきです。


病院側としては抗生物質はとてもお金になるヒット商
品ですから、何も知らされずに処方される場合が多く
あるようです。


本来、この危険な抗生物質の副作用について医者は患
者さんに説明する義務があると思うのですが・・・


大体、風邪やインフルエンザには薬や抗生物質な
んかを必要としません。


三日も安静にしていれば自然治癒力・自己治癒力 で
勝手に治る病気です。


わざわざ長引かせる現代医療の治療は必要ないのです。


みなさん、この世に薬で治る病気なんて一つも無
い事に早く気付いてくださいね。


病気になってからだを治癒するのは自分自身の免疫力
である自然治癒力・自己治癒力 しかないんです。



その為にも常日頃からすぐに楽になるからと安易な気
持ちで薬を常用したり、イタ気持ち良いからとマ
ッサージを繰り返して筋肉に余計な歪を作って各細胞
へ免疫(血液)を送る毛細血管を傷つけない事です。



PS


もし、抗生物質を呑んだら当分は生物(肉や魚、野菜)

を控えた方が賢明です。


胃の中の腸内細菌(善玉菌・悪玉菌)が殆ど死滅して
いるので腹痛を起こします。


この腹痛により、病院でまた抗生物質の治療をしてし
まうと上記の事が起こる可能性が高まります。


ユッケを食べて死ぬ何てことになりかねませんから
気を付けましょう。


自分のからだは自分で守れるようになりましょう!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。