記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お互いに覚悟がいる!

今日はお互いに覚悟がいる!!をつぶやきます。


私は整体師という現在の職業に誇りを持って日々、努
力精進しています。


これってあたり前のことですね。


どんな職業にしても誇りを持ってその仕事を全うして
いる筈です。



私(整体師)と不調者さん(私の施術所へ診える人)。



私は不調者さんの不調(からだの痛みや病気)を早く
回復させるためにさまざまな整体のセミナーや勉強会・
お医者さんの講演などへ参加するために極力に時間を
作り勉強しています。



これは整体師(療術家)にとって当たり前のことです。



不調者さんはからだの不調(からだの痛みや病気)を
早く回復させるために“諦めない気持ち”と今まで(
これまでに試してきた治療法)と違った私の指導法(
無理の無い範囲でのストレッチや軽擦→やさしく撫で
るなど)を素直に実践して頂きたい。



ストレッチも断薬にしても無理の無い範囲で行なうこ
とがコツです。


からだは段々に慣れていくものですから、無理をして
は逆効果になってしまいます。


からだの不調(痛みや病)は長年の無理がたたった結
果から起こっています。


要は今まで頑張りすぎた結果なのです。


適当が一番です(笑)



からだをスムーズに動かすためには骨格を動かす骨格
筋(各筋肉)の柔軟性が必用不可欠となります。


骨格筋(各筋肉)の柔軟性については後につぶやきま
す。


からだの痛みや病気を早く回復させるためにはお互い
にそれぞれの覚悟が必用です。


施術者の覚悟“施術により回復させられる自信”です。
不調者さんの覚悟“薬を止める”“諦めない”です。



薬を止める、止めないは不調者さんに委ねるしか無い
のですが、“諦めない”には不調者さん・施術者共に
覚悟が必用になってきます。



私の場合は“薬”に関しては基本的に断薬されない人
の施術はお断りしています。



このことに関しては過去の症例(一進一退を繰り返す)
があるため、予め不調者さんに伝えて納得された人を
対象に施術をします。


無駄な時間や費用を避けるためです。



私だけが必死になっても不調者さんが“諦めた”ので
はからだの不調(からだの痛みや病気)は治癒しよう
がない。



一度、施術を受けただけで“見切り”を付けて来なく
なる不調者さん→私の技術不足・指導不足・伝達不足
などで“諦め”てしまう不調者さんも現実にいます。


これは、私の不甲斐なさなのですが・・・


この“諦め”はお互いにとって何のメリットもない!


そうならないように施術者は覚悟“施術により回復さ
せられる自信”を学び続けているのです。


私のつぶやきは私の仲間?(幸友会)にも発信してい
るのですが、何の共感も頂けない先生方もいます。


これも私の不甲斐なさなのですが・・・


残念です・・・


自分のからだは自分で守れるようになりましょう!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。