FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液は腸で作られてる?骨髄で作られてる?

今日は血液は腸で作られている!をつぶやきます。


からだの細胞(約60兆個)はきれいな血液(赤血球
→酸素や栄養素、白血球→リンパ球などの免疫力、
血小板→修復)を受け取ることにより活性化され生
き延びています。



現代医療(医学)は血液は骨髄で作られているとい
う「骨髄造血説」が基盤となって→対症療法(その場
しのぎ)→薬や検査、手術などを行なっています。



その昔、血液は腸で作られている!

という説→「腸造血説」を40年近い歳月を費やして
研究・調査した結果を元に千島博士と森下博士が
学会に発表されましたが、この千島学説は現代医
療(医学)により否定されることになります。



私は医学博士でもなく研究者でもないので「骨髄
造血説」と「腸造血説」のどちらが正しいのか解り
ませんが、からだの不調(痛みや病)→生活習慣病
に特化しての施術(指導)をしている一整体師(療術家)
の観点から、意見を言うと千島学説である「腸造血説」
を信用しています。



何故なら、骨のない動物やまだ骨の出来ていない卵
に血液は存在していることに加え、人間の誕生の最初
に出来る臓器は胃腸ですし、骨の出来ていない胎児
にも血液は存在しているからです。



昔からの言葉で「食べたものが血となり肉となる」とい
うことを否定する人はいないと想います 。


からだのメカニズムである栄養素を吸収するのは小腸
です。


もし、「骨髄造血説」が正しいとしたのなら、小腸で吸収
した栄養素が骨髄にどうやって運ばれるのでしょう?



何にせよ未だに血液の発生するメカニズムは科学の世
界でも証明されていませんので、「骨髄造血説」が正しい
とは決まっていません。


正しいと判断して治療行為をしているのは現代医療(医
学)だけです。


そこには大きな落とし穴があるのですが・・・



ナチュラルパレオ食事法(原始人食)でさまざまな病を
治している崎谷博征医師はリーキーガット(小腸のバリ
アに穴が開く現象)を治せば、さまざまな病は治る!と
いう考えのもとにリーキーガッ トを引き起こす物質→医
品(全て)、穀物(小麦粉など)、乳製品、豆類、食品
添加物(果糖ぶどう糖液糖などの人工甘味料)、トラン
ス脂肪酸、などを止めることで実際にさまざまな病を完
治させています。



また、素人の集まりでもある「自然治癒倶楽部」でもナチ
ュラルパレオ食事法(原始人食)を基盤とした食事法で
同様にさまざまな病が治っています。


要は栄養素を吸収する小腸(胃腸全てを含む)さえシッカ
リしていれば、さまざまな病には成らない!ことを意味し
ています。


逆の言い方をするなら、現代医療(医学)を信じて疑わな
い医療信者(医療奴隷=薬漬けの人)は薬=化学物質
毒素→ リーキーガットを引き起こす物質を飲み続けて
いる間は絶対に病は治らない!ことも意味しているので
す。


あなたはどちらの説を信じて行動しますか?!


自分のからだは自分で守れるようになりましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。