記事一覧

二度目の検証!

今日はニ度目の検証!をつぶやきます。



ナチュラルパレオ食事法を実践する上で今現在(約

2ヶ月前)からだの不調(痛みや病)が無い私にと

真実を確かめるにはどうしたら良いのか随分迷い

ました。



そこでナチュラルパレオ食事法での中で最も悪い食材
とされる→炭水化物・乳製品(牛乳など)・添加物・加工
食品(コンビニの弁当など)・小麦粉(パンなど)・穀物(
ジャガイモなどの遺伝子組み換え食品)などを1週間、
徹底的に食べてみたのです。。



一度目の検証では吐き気を催し体調不良から、丸一日
間、食事を受け付けない状態になり、からだのあちこちに
湿疹が出て痒みを伴いました。



あれから、ナチュラルパレオ食事法を実践して体調も戻
り、来週の講義(8週間の講義)が最後となります。



そこで、今回はナチュラルパレオ食事法の中で最も悪い
とされる“果糖ぶどう糖液糖”に特化して、日頃滅多に食
べないアイスクリーム・かき氷を一週間食べ続けてみた
のです。


結果は以下の通りです。

癒し犬チロと施術家の本音ブログ 

癒し犬チロと施術家の本音ブログ 

両手の肘から手首にかけて痒みを伴う湿疹ができま
した。

前回もそうでしたが、今回の湿疹も悪い食生活を見直
し、自然治癒力・自己治癒力に任せて治します。


一度目二度目の検証結果から日頃、医薬品を呑まな
い人でもナチュラルパレオ食事法での中で最も悪い食
材とされる→炭水化物・乳製品(牛乳など)・添加物(薬
の一種)・加食品(コンビニの弁当など)・小麦粉(パン
など)・穀物(ジャガイモなどの遺伝子組み換え食品)など
を食べ過ぎると異変が起こって来ることが解りました。


リーキーガットとは

栄養素をからだに取り込む小腸のバリアに穴が空く現象
で、本来取り込んではいけない物質(異物タンパク質)を
吸収してしまうことで、からだの免疫機能である白血球の
一種であるリンパ球が外敵と判断して、異物タンパク質
に攻撃してしまう為に起こる慢性炎症を言う。



これが、皮膚に起こるとアトピー性皮膚炎アレルギー
疾患を伴い、関節に起こるとリュウマチ膠原病などの
自己免疫疾患を引き起こす。



その他の生活習慣病などもリーキーガットが引き起こ
す、慢性炎症が原因で起こるとされている。



リーキーガットを引き起こす原因となる最大の要因は
うまでもなく、医薬品や炭水化物・乳製品(牛乳など)
・添加物(薬の一種)・加工食品(コンビニの弁当など)
・小麦粉(パンなど・穀物(ジャガイモなどの遺伝子組
み換え食品)などです。



ですから、常日頃、薬を常用して服用している人はリー
ーガット(小腸のバリアに穴が空く現象)がある限り、
根本的に“病”は治る筈がない事が解ります!


世の中の常識(実は非常識)を信じている人は
        永久的に救われることは無いのです。


慢性病に悩んでいる人は一度、頭の中の知識
まで常識リセットして、白紙の状態から行動
試してみる)ることを強くお勧めします。


薬に頼り、臭いものに蓋をする行為を繰り返すと
酷くなるばかりか取り返しの付かない事態に成り
兼ねません。


薬(化学物質→毒)なんか要らないのです!!



自分のからだは自分で守れるようになりましょう!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。