FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高タンパク源を摂るその3!


今日は高タンパク源を摂るその3!をつぶやきます。


高タンパク源とは

☆卵(鶏卵など)
☆鶏肉(ささ身など)
☆赤肉
☆青魚、小魚
☆貝類

などです。


一昨日は卵、昨日はこの中の鶏肉・赤肉についてつ
ぶやきました。


今日はこの中の青魚、小魚・貝類についてつぶやき
ます。



昨日もつぶやいたように・・・

「北極で生活するイヌイット族の食材の95%は自然界
で育ったゾウアザラシや魚などの肉類でしたが、ガン
や生活習慣病などの病は殆どありませんでした。
※ビタミンはゾウアザラシなどの生の内臓を食べるこ
 とで補われていたのです。

ところが、さまざまな食材や西洋医療(薬)が入り込ん
だ途端にガンや生活習慣病などの病が激増していま
す!」

・・・は何を意味するのか?!


一万年以上前の原始人もイヌイット族も肉や魚に代表
される動物性脂質とタンパク質を食べている間は現代
におけるガンや生活習慣病などの病は殆ど無かったの
です。



狩猟採集生活から農耕生活に変わったてから食べら
れるようになった穀物、豆類、乳製品、加工食品は今
では殆どが遺伝子操作された食材です。


魚にしても養殖魚ではなく、できるだけ天然魚が理想
です。


養殖魚は家畜された牛や豚、鶏と同様にホルモン剤や
抗生物質を大量に含んだエサ(遺伝子操作された食材)
を食べて育った魚です。


からだにとって良い訳がありません。


その点イワシやアジ、サバなどの小魚、青魚・貝類には
少なくてもホルモン剤や抗生物質などの危険性はありま
せん。


我々のからだは5万種類のタンパク質(アミノ酸)から構
成されています。


そして、そのからだは進化の過程で動物性タンパク質を
必要とするからだ(DNA)にできているのです。


自分のからだは自分で守れるようになりましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。