FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きれいな細胞外液が功を奏す!

今日はきれいな細胞外液が功を奏す!
をつぶやきます。

きれいな細胞外液とは=0(酸性)~14(アル
カリ性)に別れるPH値の中性(7.0)から少し
アルカリ性に傾いたPH7.3~7.5の弱アル
カリ性です。


健康なからだの人の細胞外液(からだの7割
は水)のPH値も弱アルカリ性の値である約7.
3~7.5です。


直接には図れませんが、朝イチの尿で大体の
PHの値はPH紙で解ります。


その他のPH値は・・・

汗→7.0~8.0  涙→7.2~7.8

母乳→6.6~7.6 唾液→7.2~7.8

胃液→1.0~3.0 血液→7.2~7.8

細胞外液→7.3~7.5 海水→8.0~8.5
・・・です。



その昔、環境調査(5年間)の仕事で海や山
川などの水や生き物の調査をしたことから
生き物が住める環境のPH値は解っています。



人のからだも同じで胃液(ウイルスや細菌など
を死滅させる)以外は7.3~7.5の弱アルカ
リ性の中での環境が最適なのです。



しかし、食生活や悪い生活習慣(薬の服用な
ど)を間違うとからだの細胞外液の値は酸性
方向に成ってしまいます。



薬は脆に酸性で化学物質ですから、からだの
中で化学反応が起こる際に大量の活性酸素
を生み出します。



当然、薬漬けの人のからだの細胞外液も中
性(7.0)から酸性方向になっていきますか
ら、健康な細胞(タンパク質)には住みづらい
環境下に置かれることになります。


実際に末期ガンに侵された人の細胞外液の
PH値は5.0前後と酸性方向になっています。
※検証済みです。



これではからだの健康な細胞は活性化されま
せん。(生き延びられない=ガン細胞は喜ぶ)
先日のつぶやきで血液は腸で作られる! を
を覚えてますか・・・



現代医療(医学)は血液は骨髄で作られていると
いう「骨髄造血説」が基盤となって→対症療法(そ
の場しのぎ)→薬や検査、手術などを行なってい
ます。



千島学説である「腸造血説」 はその昔、血液は腸
で作られている!という説→「腸造血説」を40年
近い歳月を費やして研究・調査した結果を元に
千島博士と森下博士が学会に発表されましたが、
この千島学説は現代医療(医学)により否定され
ることになります。



私は千島学説である「腸造血説」 を信用していま
すから、胃腸にとってリーキーガット(小腸のバリ
アに穴が開く現象)を引き起こす医薬品(薬や点
滴など)を飲み続ける人の施術の継続はお断りし
ています。



何故なら、千島学説である「腸造血説」が本当な
ら、小腸の役目である→からだに栄養素を摂り
入れる仕事が出来ないばかりか、きれいな血液
や細胞外液を作ることが不可能になるからです!



薬を断薬(不調者さんが自ら)して、食生活や生
活習慣の見直しを図り→活性酸素の除去→
からだの歪を取り→血流やリンパの流れを良く
して→考え方をポジティブにすることで実際に
さまざまな病が改善されている事実があることか
ら→千島学説である「腸造血説」は正しいと私は
確信しています。



ですから、からだをきれいな細胞外液(PH7.3
~7.5)にするには、断薬(医薬品)は不可欠で
すし、小腸のバリアに穴が開く現象であるリーキ
ーガットを修復させる必要があります。


胃腸の復活はからだの新陳代謝の中で最も早く
3日もあれば復活します。


一番の効果は断食です。



断食が辛いのであればリーキーガットを引き起
こす物質→炭水化物(小麦粉などの穀物や加工
食品)を控えた分を高たんぱく質食品である赤肉
や鶏肉(ささ身)、小魚(天然物)、卵(熱を通した)
野菜だけを摂る→炭水化物を摂らない食生活に
変えることです。(病気の人は不可欠)


特に病気でない人も「崎谷博征医師」の“ナチュラ
ルパレオ食事法”(原始人食)をお薦めします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。