記事一覧

頭蓋骨調整ですべてが変わる!


頭蓋骨のゆがみは即に脳(司令塔)の働きに悪影響を及ぼす可能性が多々にあります。
私が今行っている施術法は脳(司令塔)に対して、攻撃をなるだけしない方法を取り入れています。

ですので、脳(司令塔)に対して攻撃をしない療法であれば、必要に応じて積極的に学びに行きますし臨機応変に取り入れていっています。

ただ、からだの不調(痛みや病)は整体法だけでは根本治癒に至りませんので食事法からだの分子構造から考える分子栄養学なども取り入れています。

何故なら、からだの不調(痛みや病)は自分自身の元々持ち合わせている本来の力である自然治癒力・自己治癒力(自己免疫力)でしか治せないのですから、食(食品添加物など)やからだに入れる物質(医薬品など)の良し悪しで結果は大きく違ってきます。

もし、自然治癒力を阻害する食品や化学物質である薬に依存した生活習慣を送っているとしたならば、治る筈のからだの不調(痛みや病)も根本治癒は不可能になります。

要は自然治癒力を高めるには自然の摂理に反しない方法がベストだと私は考えています。


頭蓋骨のイラスト


世の中の考え方に絶対は有りませんが、現代医療の行っているで対症療法(その場しのぎ)では「治せない、治らない」とされている、からだの不調(痛みや病)も、本人の自然治癒力を高めることにより、不思議でも何でもなく根本治癒されています

しかし、からだの不調(痛みや病)を治すのは本人の持ち得ている自然治癒力が治すのであって、たかが整体師である私ごときが根本治癒させることなどできません。

本人の自覚と根気良い努力の結果があって、からだの不調(痛みや病)は根本治癒に結びついていきます。

そのお手伝いとして私はさまざまな事を学んだ上で検証を重ねた結果を施術(指導)の中でお伝えしています。
その一つのツールとして頭蓋骨の調整は凄い効果を生みます


症例その1 Sさん 63歳 男性 

▶施術前
Sさん施術前

この不調者(男性、63歳)Sさんは右の耳が下がっています。
症状は右股関節、右腰痛、右肩の痛みです。

▶施術後
Sさん施術後

頭蓋骨の調整で右耳の下がりはかなり良くなっています。
症状であった右股関節、右腰痛、右肩の痛みは無くなりました。



症例その2 Kくん 小学6年生 男子 

▶施術前
Kくん施術前

不調者Kさん(小学6年生、男子)は左頬骨、前頭骨、鼻骨が左方向へ傾いていて蝶形骨が歪んでいました。
症状はバランスが取れなくて歩きが上手く行か無くなっていて走れませんでした。右腰痛と両膝の痛みがあります。

▶施術後
Kくん施術後

頭蓋骨の調整で左頬骨、前頭骨、鼻骨が揃い蝶形骨、側頭骨、頭頂骨、後頭骨のバランスが良くなり普通に走ることが出来るようになりました。
右腰痛、両膝の痛みも取れました。



症例その3 Nさん 34歳 女性 

▶施術前
Nさん施術前

この不調者(女性、34歳)Nさんは左頬骨、下顎骨、鼻骨が全体に左へ傾き、顎関節が歪んでいます。
症状は偏頭痛と顔面の違和感に加え、顎関節の歪みが酷く上手く喋れません。

▶施術後
Nさん施術後

頭蓋骨の調整で左頬骨、下顎骨、鼻骨が正され顎関節の動きが良くなり、偏頭痛と顔面の違和感が取れて言葉がハッキリ出せるようになりました。


院長の総評 

頭蓋骨の調整を取り入れるようになってから、からだのゆがみ(骨盤や体幹など)を正しても取れなかった、からだの不調(痛みや病)の改善度合いが容易になってきています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。