記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対症療法をやめたら、家族ごと良くなった!

ある不調者さんの例です。


この不調者さん、当初、腰痛で来院してきました。


施術により腰の痛み はすぐに取れたのですが、肩、首の
張りがハンパではありませんでした。


姿勢が凄く悪く、腰に凄く負担が来ていたんですね。


職業は小学校の教師Oさん(男)です。
(以下、本人承諾の旨、この本文を書いています)


施術しながらよくよく聞いていくと、肩こりから偏頭痛、
耳鳴り、酷くなるとメ二エール病
が出るとかで立っていら
れない事も多々あるようです。


今の教師という職業は、ストレスが多く溜まる職業の
代表かもしれません。


毎月、泊まり込みで遠く他県の病院に4年間通っていて
メニエール病で苦しんでいました。


まさか整体でメニエール病が治るはずが無いと黙って
いたんですね。


病院ではどんな治療をしているのか聞いていくと、
で症状を抑えるだけで、症状が酷くなると精神科
にも行かされ精神的にも参った事もしばしばだそうです。


あちこちの病院をたらい回しで、今の病院の治療を毎月
泊まり込みで4年間対処療法を受け続けていました。


は?との質問に呆れました!


何と20種類以上を飲まされていました。


何でこんなことに成るのか私は訳が分かりません。


本来、「ドクターズルール425」医師の心得集にも
載っているように4種類ルールというのがあります。


4種類以上を同時に服用すると、現代医学では想像できない
現象(副作用)が起こりうるとあります。


どんなに優秀な医師でも副作用がどんな形で出るのか
予知出来ないのです。


ビックリしましたが、医師免許の無い私は、医師法、薬事法
に遮られ、どうしょうも出来ません。(を止めなさいと言えない)

私に出来ることは、肩、首回りの筋肉を弛緩(ゆるめる)し
から心臓への血流を良くする事しかできません。


この時ほど、この人(不調者さん)を救いたいという思いで
いっぱいになった事を今でも思い出します。


とにかく、この不調者さん(Oさん)を救いたい一心で根本治療

勧めました。


真面目なこの不調者さんは、私の言う通りに来院されて、徐々に

耳鳴り、偏頭痛が無くなりだした事で、私の事を信用したのか、

本人の意思で少しずつを減らしていき全てのを止められた

ころにはメニエール病も治まりました。


今では、私とその当時の事を笑って話していますが、当時は

辛かったでしょうね。


この Oさん、自分が良くなったことで家族(妻、子供、祖母、親戚等)
を施術に連れてこられるようになりました。


それぞれ、肩こり、腰痛、膝痛、偏頭痛を数回の施術により取れ、

みなさん卒業されました。


問題は、子供(男子小学生)でした。


アトピー、喘息、アレルギーが酷く、いつも熱を出したりして
辛そうです。


親のOさんが付けだったことで、息子さんも同様、病院から
症状を抑える対処療法を繰り返しています。


病院に通って良くなっているのですか?の質問に


Oさん、良くなったと思ったら、また悪くなるの繰り返しで
どうしたらいのか悩んでいます。


アトピーは寝ている時、無意識の中で身体中をかきむしるので、
とんでもない事になっています。


全身に症状が出て、見るからに辛そうです。


子供を外で自由に遊ばせていますか?の質問に


身体が弱いので自由には・・・


子供は大人になる過程で自己免疫力を付けていかなくては、
大人になった時、大変なことになりかねません。


人間(動物)は生まれて、母親から離乳するまでは母親からの

免疫力を補えますが、離乳してからは自分自身で、自己免疫力

大人に成るまでに付けていかなくてはいけません。


ですから外で、泥んこ遊びや色々な遊びを通して、ケガ等を

経験し育てなければいけません。


何故なら、この世の抗生物質は土から採取しています。


大事に家の中で育てた子供は、自然にこの抗生物質の採取が
出来ないままに育つと、自己免疫力を作れなくなり、ひ弱な
大人になってしまいます。


また、姿勢が悪くなると骨を動かす筋肉が歪、全身の骨格が
正常な位置からズレて、血流が悪くなり、血圧が上がり、
内臓機能が低下してきます。


内臓機能が低下すると色々な事が起こりだします。


たとえば、食べ物を食べても分解が上手くいかずに
血糖値が上昇したり、塩分調整が上手くいかなくなれば
当然、血圧は急上昇してしまいます。


とにかく、子供は束縛せずに自由に外で遊ばせる ことで
健康に育っていきます。


私は、Oさんの子供に今日から毎日泥んこになって遊び なさい
と言うと喜んでいます。


親であるOさんは、チョット困ったような顔をしていました。(笑)


子供にとって、束縛されずに自由に遊べるということは
ストレス解消には一番です!


私がした事は、Oさんの許可を取って、子供を自由に遊ばせた事と
毎週(子供は無料施術)一回、全身調整で血流を良くしていった
事、それと、自宅での骨盤調整、姿勢、お風呂、ストレッチ等

指導。


親のOさんは、子供に対処療法を止めさせた事。


毎週、何処かに傷を負って施術を受けにきたこの子供は、
見る見る回復していき、今では、アトピー、喘息、アレルギー
の症状は治まっています。


Oさんの家族、奥さん、子供5人は、毎年、インフルエンザ予防注射
をしているのにインフルエンザにかかっていましたが、
インフルエンザ予防注射対処療法を止めたことで、
今では風邪もほとんどひかなくなったそうです。


血流が良くなると脳は活性化され、自然治癒力・自己治癒力を発揮
し易くなり健康に導いてくれます。


逆に対処療法に頼りすぎる人は、自然治癒力・自己治癒力を衰退
させる事になりかねません。



自分のからだは自分で守れるようになりましょう!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。