記事一覧

尾骨の痛み!

今日は尾骨の痛み!についてつぶやきます。


昨日の最後の施術が終わり、チロちゃんと帰り
支度をしていると電話が・・・


◯◯ですが、今からでも診てもらえますか?


どうしたのですか?


私ではないんですが、高校生の孫が腰の痛みが
酷くて上手く歩けないんです!


そうですか・・・


では、直ぐに来てください。


20分ほど掛かりますが・・・


わかりました、なるだけ早く来てください。


ということで20分後にお母さんとともに高校生の
女の子が凄い猫背の状態で入って来ました。



お話を伺うと昨年、尾骨の3番を骨折してから
腰の中心部分の痛みがあったのですが、昨日階
段から落ちた際に痛みが増して、歩く時・立ったり
座ったり・上向きに寝ていても痛いとのことでした。



高校の部活でマーチングバンドをしていて、歩き
ながらの演奏が出来無い状態では好きな部活活
動ができいことが辛いそうです。


チロちゃんは早く帰りたとワンワン・・・


不調者Yさんは強烈な猫背で痛々しいので・・・



早々に施術に入りました。


立った状態で猫背の状態が楽だというので、その
体制での施術からとなりました。


猫背が楽で→姿勢を正すと痛い→座ると痛い→立
つと痛い→右足を踏み出すと痛いでした。


いずれの痛みも腰の中心部分の痛みで、腰の右左
の痛みではない。


と言うことは・・・


療術家なら直ぐに見当がつきますね。



・・・そうです。


尾骨が入り込んだ状態の痛みです。


尾骨は元々尻尾があった名残の退化した骨です。


この尾骨が尻餅などで入り込むと腰の中心部分が
痛み出します。



尾骨が変位し→各種運動方向に制限が掛かると→
さまざまな動きに制限がかかり→神経伝達で腰の
中心部分の痛みとなります。


この痛みの取り方は簡単です。



それぞれの運動方向に制限が掛かっている尾骨の
調整をその上に位置している仙骨を利用して、尾骨
を軽く押し上げた状態で前のASISを固定しながら、
制限が掛かった方向へ導いて上げます。



この状態から→姿勢を正すと痛いを不調者さんに2
~3回動いて貰います。(痛くない状態を作り)


痛くないことを脳に学習させるのです。


座ると痛い→同じ動作をして痛みを取ります。

立つと痛い→同上

上向きに寝ると痛い→同上

右足を踏み出すと痛い→同上



これを全ての制限が掛かった動きの中で痛みが無い
ことを脳に学習させると全ての制限が取れて、痛み
は無くなります。


軽い状態でしたら、一番痛い状態でこの運動制限の
手法をすると全ての痛みが一瞬で無くなります。


この不調者Yさんの場合尾骨の入り方が酷かったの
で上向きに寝ると痛い以外を全てしました。



姿勢を正すと痛いで痛みを取り→座る・立つと痛い
で痛みを取り→この時点で上向きに寝て貰うと痛み
はなかったのですが、歩く時→右足を踏み出す時に
痛みが少し出ていたので→マーチングバンドの姿勢
で歩きながら→運動制限の手法を掛け痛みを取りま
した。


施術時間にしたら10分程度です。


もう大丈夫です!


明日から思いっきり好きな部活動を楽しんでくださいね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。