記事一覧

手首が痛い!

今日は手首が痛い!をつぶやきます。



先日、手首の痛みが治らないのですが、どうにか

成らないかとの問い合わせで母親が不調者Fさん(

14歳)と娘(8歳)さん三人で来院してきました。



お話を伺うと約一ヶ月前にテニスのガットを張り替え

てから、手首に違和感が出始めてラケットを握ると痛

い・鉛筆で字を書く時に痛い→力が入らない状態です。



運動はテニスと空手をされていて、とても素直な少年

でしたが、なにせ姿勢がとても悪い状態です。



施術をする前に痛みの原因と悪い生活習慣の見直し

食生活の改善などを指導しました。



と言うのもからだが硬い状態(前屈で20センチ以上)

ではこれから、さまざまなからだの不調(痛みや病)が

想定されるからです。



殆どシャワーで済ませていてお風呂に浸かる習慣が

ありません。


目線は常に下がっていて猫背状態です。


これでは肩甲骨が正常な位置から変位して、肩や肘、

手首にも負担が来てしまいます。



悪い姿勢→猫背はからだ全体の血流を大きく妨げて

しまいますから、いずれ慢性的なからだの不調(痛み

や病)を起こす最大の要因となるから注意が必要です。



からだの柔軟性はスポーツをする上で最も大切ですし

骨格の変位を起こしやすい事も指導しました。




施術ですが、手首の痛みは呆気なく取れました。


手首の痛みは手の平を反らす時に親指の付け根に

痛みと違和感がでます。


ボールペンを握って貰うと力が入らない状態です。



この状態は親指の舟状骨の変位が原因ですから

舟状骨の変位を正せば直ぐに良くなります。


時間にして10秒くらいです。


エッ!アレ~痛くない!力も入る!不思議?


本当に??(母親)



実はネタをばらすとそれは施術所へ入ってきた時に

右手の舟状骨の変位が躊躇に確認できていました(笑)



その後一通り、体幹を整えてストレッチの重要性を指導

し、施術は終了です。



この程度の変位(痛み)をレントゲンやCTを受けた後、

痛み止めの注射や湿布薬で約一ヶ月間、治療行為?

を繰り返す整形外科医→医者は一体何を診ているので

しょうか???



何故?私が現代医療の対症療法(その場しのぎ)のあり

方をこのブログで批判しているのかが解ると想うのです。




根本原因を突き止めずに薬などの対症療法(その場し

のぎ)を繰り返す現代医療は更なる“医原病”を招いてい

る事を多くの人に気付きを得て頂きたいのです。



からだの不調(痛みや病)は根本原因を突き止め、正せ

ば殆どが改善できるのです。



それが体幹の乱れから起こって来るからだの歪→血

流システムの不備や間違った食生活の見直し・悪い姿

勢・悪い生活習慣などを見直すことでほぼ改善できるの

ですが・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。