記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルテンを食べたければ薬に手を出すな!

グルテン+薬(化学物質の塊)最悪です!!

今日はグルテンを食べたければ薬に手を
出すな!をつぶやきます。

 

グルテンとは・・・

小麦・大麦・ライ麦に含まれるタンパク質の

一種で、ふわふわした弾力やうどんのコシ

などを生み出す物質のことです。

 

※このグルテンがリーキーガット(小腸の壁

  に穴が空く現象)を引き起こし、さまざまな

  疾患を生む原因を作る一つの物質です。

その他にも穀物に含まれるサポニン・レクチ

ン・乳製品・豆類に含まれる成分にもリーキ

ーガット(小腸の壁に穴が空く現象)を引き

起こす物質が含まれています。

 

しかし、慢性的なリーキーガットを引き起こす

最悪物質は“薬”=化学物質ですし、蓄積(

結石の原因物質)され続ける危険極まりない

代物です。

そして『グルテン』も『薬』も依存性物質であり

からだの不調(痛みや病)=からだの炎症

を引き起こし続けます。

しかし、『グルテン』・『サポニン』・『レクチン』

などと『薬』には決定的な違いがあります。

小麦などに含まれる『グルテン』や穀物に含

まれる『サポニン』・『レクチン』は発酵食材で

中和できうる物質であり、小麦や穀物や豆類

などにはその他の栄養素が含まれています

が、『薬』は化学物質であり、栄養素は含まれ

ておらず、毒をもって毒を制すると言われて

いるように全身の細胞に悪影響を及ぼし続

ける最悪物質でしか成り得ない代物という点

です。

ですから、薬という最悪物質に比べれば、『グ

ルテン』・『サポニン』・『レクチン』などのリーキ

ーガットを引き起こすとされる物質はたかが知

れているとも言えます。

 

但し、既に慢性的なからだの不調(痛みや病)

に陥っている人は断薬は勿論のことに加え

からだを一旦リセット(健康状態になるまで)出

来るまでは徹底して避けた方が、慢性的なから

だの不調(痛みや病)を早く根本治癒させる為

には不可欠となります。

※勿論、その他にも生活習慣の見直しなども

  含まれますが。。。

 

 

小麦粉に含まれるグルテン(麺類・お好み焼き

・たこ焼きなど)を時々食べたければ薬に手を

出さないことですね!!

自分のからだは自分で守れるようになりましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuritashinichi

Author:kuritashinichi
はじめまして。
福岡県直方市にある整体 『からだ回復センター直方』院長 栗田真一です。
当院は、身体を優しく揺らすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。